環境への取組

豊かな地球環境を次世代へ継承することが人類共通の重要課題です。

FullSizeRender.jpgのサムネール画像のサムネール画像のサムネール画像私たちコムパックシステムは、持続可能な社会の構築に向けて、また地球市民の一員として企業の社会的責任を果たすために、環境省施策 環境マネジメントシステム「エコアクション21」の認証登録をいたしました。

地球温暖化が深刻化し私たちの地球環境が脅かされていく中で企業としてはもちろんのこと、社員一人一人が次の世代に豊かな地球を残せるにはどうしたらいいかを常に認識し、貴重かつ有限な地球資源の使用削減をするために以下の環境理念・環境方針の意義を理解し積極的に取り組んで参ります。 6項目の環境方針を策定し常にPDCAサイクルを回し改善活動を実施しながら事業活動を通じて環境保全に貢献することはもちろんのこと、全社員にエコバックを提供し家庭生活においても環境意識の向上を図っております。

環境理念

コムパックシステム株式会社は、段ボール製品を核とした各種包装資材の製造工場として豊かな地球環境を次世代へ継承することが人類共通の重要課題であることを認識し、地球環境の保全とその向上を目指した事業活動を行なう。

環境方針

  1. 環境保全活動を推進するため、事業運営に環境マネジメントシステムを構築し、環境の影響を効果的に低減又は削減するために環境目的及び目標を定める。
  2. 当社の事業活動にともない環境に有意な影響を与える以下の重要項目に関して、継続的に実績改善に取り組み、環境汚染の予防の目的達成に努める。
    (1) 天然資源とエネルギーの消費量削減
    (2) 環境負荷物質の管理強化と低負荷物質への代替促進
    (3) グリーン購入促進と廃棄物の排出量削減
    (4)環境に配慮した省資源製品の積極的販売・開発に努める
  3. 環境活動の推進と向上のため、項目ごとに目標を設定し、そのための活動計画を立案し、実施し、内部環境監査結果などにより評価し、見直しを行なう。
  4. 環境に関する法的要求事項および当社が合意するその他の要求事項を遵守して、いっそうの環境保全を図る。
  5. 教育訓練及び日常の環境管理活動を通じて、全従業員に本方針を周知するとともに、運営制度に関する責任の所在の明確化を図り、常に最新の環境マネジメントを維持する。
  6. この環境方針は、社外にも公開する。

2015年4月1日
コムパックシステム株式会社
代表取締役社長 鈴木 由彦