事業内容
事業内容TOP
一般ダンボール製品ハイプルエース 強化段ボールサンテックフォーム 発泡ポリエチレン緩衝材各種包装資材・緩衝材・紙器製品包装設計

包装設計/評価試験

お客様満足度向上を目指して

私達が考える理想の総合包装メーカーとは競争力のある強力な製造部門と、移り変わる時代と多様化するお客様要求に応える包装設計提案力とのシナジー効果を最大限に発揮する企業です。

例えるならこのハード(モノづくり工場)とソフト(社員力・設計力・改善提案力)は車の両輪でありどちらかが遅れても真っすぐに目的地にはたどり着きません。私達はムダを排除し徹底した合理化を図った製造部門はもちろんのことそこに至るまでのプロセスでのソフト面を重視しております。

お客様満足度向上を目指して

高性能のCADにより高度な設計開発、設計の効率化により迅速なご提案、設計段階におけるデータでのやり取りを可能にし、これまで蓄積してきた設計ノウハウと長い歴史の中で築きあげてきたネットワークによる情報収集力で包装設計の最新情報を常にキャッチし取り込むことにより、とどまることなくお客様満足度の向上を図っております。

CADイメージ       プラスチック段ボール通函イメージ図

車の両輪が常に同じスピードで遅れることなく日々改善活動、情報収集、技術革新を行い、お客様にもっともっと満足していただけるよう、良い形で進化し続けることが私達の目指す目標です。

包装設計~製品製造

プラスチック段ボール通函設計図集合梱包図集合梱包図段ボール梱包図

包装設計/評価 一連の流れ

1.ユーザーニーズの把握

お打ち合わせ

  • 商品形状から物流条件、許容G値など包装条件に必要な情報を収集
  • 過剰梱包の見直しによる包装資材費の削減
  • 環境に配慮した包装仕様
  • 梱包作業工数の削減に繋がる簡易包装
  • 多品目の製品や部品を共通で梱包出来る包装形態

これらを満足させるために豊富な材料群から適切な包装材料を選定

2.設計・開発
最良最適な包装仕様を3D CAD活用により設計

CAD

  • 設計図面/包装仕様図の作成
  • 3Dによる梱包仕様図(要領図)の作成
  • 落下シミュレーション(PAOSS)を活用した緩衝設計
3.試作品の製作
CAD/CAMを使用し短期間での高精度試作品製作

サンプルカッター

4.評価(落下試験/輸送試験),承認
落下試験機を使用した評価試験の実施
  • 測定器を用いた3軸加速度センサーによる各所の衝撃値の測定
  • 衝撃波形データに基づいた許容衝撃値の確認
  • 試験後の製品破損や変形などを確認
  • 落下試験報告書の作成

落下試験 波形データ

5.受注、製造、出荷