環境への取組

当社の第67期環境活動レポートが「環境コミュニケーション大賞」において【優良賞】を受賞しました

このたび当社第67期環境活動レポートが「第21回環境コミュニケーション大賞」環境活動レポート部門において、【優良賞(環境コミュニケーション大賞審査委員長賞)】(主催:環境省、一般財団法人地球・人間環境フォーラム)を受賞いたしました。

環境理念として、『コムパックシステム株式会社は、段ボール製品を核とした各種包装資材の製造工場として豊かな地球環境を次世代へ継承することが人類共通の重要課題であることを認識し、地球環境の保全とその向上を目指した事業活動を行なう』を謳いこれまで様々な取組み・施策を実施してまいりました。
 環境経営システムである「エコアクション21」を2008年に取得してから毎年全部門において環境目標を設定しその達成に向けてPDCA活動を行い、またここ近年においては特に環境に配慮した製品開発に取り組んで参りました。

今後も次世代に豊かな地球環境を引き継ぐことができるよう取組みを強化してまいります。

■第67期環境活動レポートはこちら

平成30年2月21日、第21回環境コミュニケーション大賞表彰式が品川プリンスホテルメインタワーにて開催されました。

DSCF2121.JPGdoc09611320180222175605_001.jpg


〇このたびの主催者側講評は以下のとおりです。

実績のデータと有識者からのアドバイス等に基づき、各環境活動計画の取組みの評価、次年度の取組みを丁寧に検討し、レポートで詳細に解説している点が高く評価できる。その結果として、着実に目標の達成につながっている点も評価できる。

3-環境活動レポート部門_優良賞.jpg

●環境省 報道発表資料はこちら

●エコアクション21 HPはこちら

環境コミュニケーション大賞

「環境コミュニケーション大賞」は、優れた環境報告書や環境活動レポートなどを表彰することにより、事業者などの環境経営および環境コミュニケーションへの取組みを促進するとともに、環境情報開示の質の向上を図ることを目的とする表彰制度です。
環境報告書部門・環境活動レポート部門の2部門からなり、第21回は、全339点(うち環境活動レポート部門130点)が審査対象となり、106点(うち環境活動レポート部門28点)が受賞しました。