事業内容
事業内容TOP
一般ダンボール製品ハイプルエース 強化段ボールサンテックフォーム 発泡ポリエチレン緩衝材各種包装資材・緩衝材・紙器製品包装設計

包装設計/評価試験

落下試験(JIS Z 0200) 承ります!

包装の主な役割はお客様の大切な製品を輸送中の衝撃から守ることです。
弊社では輸送中の梱包材が衝撃を受けた際、どれだけの衝撃値(G値)なのかを測定できる最新の落下試験機と衝撃加速度解析システムを社内に設置し即座に検証を行える体制を構築しております。

輸送中に発生する製品破損の多くは落下衝撃によるものであり、包装設計の適性化、耐衝撃特性を確認する目的で包装貨物落下試験は重要なものであります。

  • 「外部機関に依頼すると、時間がかかる。コストが高い」
  • 「輸送中の事故が多く緩衝材の見直しが必要」
  • 「過剰包装かどうかの検証をしたい」
  • 「自社の梱包形態の見直しを実施し、もっと合理化できないか」

等のお悩みにお応えします!

試験実施の際は、試験データは数値化・グラフ化し試験レポートをご提出させて頂きます。

試験レポートimg

*落下試験のみのご依頼もOK。詳しくは、弊社包装設計開発担当までお問い合わせください。

落下試験イメージ


レベルⅠ

転送積替え数が多く、非常に大きな外力が加わる恐れがある場合

レベルⅡ

転送積替え数が多く、比較的大きな外力が加わる恐れがある場合

レベルⅢ

転送積替え回数及び加わる外力の大きさが、通常想定される程度の場合

レベルⅣ

転送積替え数が少なく、大きな外力が加わる恐れがない場合

(落下高さ『自由落下』)

総質量 kg

落下高さ cm

レベルⅠ

レベルⅡ

レベルⅢ

レベルⅣ

10未満

80

60

40

30

10以上20未満

60

55

35

25

20以上30未満

50

45

30

20

30以上40未満

40

35

25

15

40以上50未満

30

25

20

10

50以上100未満

25

20

15

10


●サンテックフォーム®による緩衝設計については、仮想空間上で行う世界初の緩衝包装設計ソリューションシステム「PAOSS®」を活用することも可能です。  →詳しくはこちら